ピアノの樹

ピアノ、ストピ好きがYouTubeに来る著作権侵害の申し立てに関して知識ゼロベースから検証していくブログです。

【7社超早期取り下げ】旅立ちの日に②【著作権侵害の申し立て】

旅立ちの日には以前こちらの記事でも検証しました。
hiro-stpiano.hatenablog.jp
が、今回沢山著作権者が並んでいたので,申請文言も少し変わるし別に記事を残すことにしました。
YouTube Studioを開いてみるとこんな感じです。
f:id:HiroPiano:20200929132328j:plain
著作権者は
KOMCA_CS, MUST_CS, CASH, FILSCAP, MACP, VCPMC_CS, MCT_CS
私があげた動画では過去最多の7社。
いやもう、多すぎw1つ1つ確認するのが面倒だ〜。

www.jasrac.or.jp
↑上記「JASRACが日本国内において管理する外国団体レパートリー」をみてみると、
載っている著作権団地だとわかりました。
以下、該当の国を抜粋。
・KOMCA→韓国
・MUST→台湾
・CASH→香港
・FILSCAP→フィリピン
・MACP→マレーシア
・VCPMC→ベトナム
MCT→タイ
(前回の旅立ちの日に
・APRA→オーストラリア
COMPASSシンガポール
という著作権管理団体が著作権者にでていました。)

旅立ちの日には①で載せましたがJASRAC管理の国内楽曲のため、
どう主張してきても「YouTubeJASRAC包括契約してます!!」と言えるけど、
JASRACと契約がある外国団体であると分かれば、
例えば「海外向きでしょ?」とごねられても対処が可能でしょうから一安心。

ということで、今回の申請文言はこちら。

旅立ちの日に」はJASRACが配信に関する権利を持っております。
<作品コード:006-6326-3>

JASRACYoutubeとの間で著作権管理に関する包括契約が結ばれています。
著作権の使用料がYoutube側からJASRACに支払われている為、
ユーザーがJASRAC管理楽曲を演奏した動画をYouTubeに投稿できます。
こちらの動画の演奏は私自身で行っており、演奏に関する著作権は私自身が所有しております。

私は国内向けに動画を公開しており、「旅立ちの日に」も国内楽曲です。
今回の著作権者の7団体全てJASRACと契約のある日本以外の著作権管理団体のため、
外国向けに動画を公開したとしても問題なく収益をあげられるはずです。
(申し立て段階では当チャンネルは収益化不可ですが)
以下、今回著作権者に名乗りをあげている外国著作権団体と国名です。
KOMCA:韓国、MUST:台湾、CASH:香港、FILSCAP:フィリピン、
MACP:マレーシア、VCPMC:ベトナムMCT:タイ

私はYouTubeのユーザーとしてルールに則り動画投稿を行っておりますので、
著作権侵害の申し立てを撤回して頂くよう、お願い申し上げます。

申請の流れは下記記事をご参照願います。
hiro-stpiano.hatenablog.jp
あとは返答が来るのを待ちます。
.
.
.
.
.
…と思ってたら、今回も早々に解除されました!
え、私マークされてるの?笑
まぁサウンドオブミュージック絡みのはまだ返答来てないからそうでもないのか。
また公開される前に解除だーやったー!!

f:id:HiroPiano:20200929191126j:plain
13:47に申し立てを行い、
f:id:HiroPiano:20200929191153j:plain
18:22に取り下げの連絡。
7社全部早期取り下げしてくれたのかな?
1社だけじゃダメだもんね。
公開予約の段階でやると優先的に対応してくれるとか…ないか。
収益化してないチャンネルだからとか?
本当に謎だなぁ。

YouTube Studio画面も、制限欄が
f:id:HiroPiano:20200929191824j:plain
なしに変わっています。
f:id:HiroPiano:20200929191912j:plain


★赤羽ストリートピアノの思い出と演奏解説★
赤羽ストリートピアノの思い出 - ひろが語ると長くなる
YouTubeチャンネル★
www.youtube.com

【検証中】「自信をもって」編 その1【著作権侵害の申し立て】

現在「ピアノソロ サウンド・オブ・ミュージック」シリーズとして
毎週月曜の20時に演奏動画をあげております。
www.youtube.com
4曲目である「自信をもって」も著作権侵害の申し立てが出たため、申し立てを行います。

今回の著作権者はこちら。

・UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM
・LatinAutor - PeerMusic,
・Concord Music Publishing
・UMPI
の4社。多い〜。
上の3社はサウンドオブミュージックと同じですね。
(参照:【検証終了】「サウンド・オブ・ミュージック」編 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
UBEMとLatinAutorは著作権管理会社だそうで、
Concord Music Publishingは音楽出版社のようです。
UMPIは検索上位に出てくるUniversity of Maine at Presque Isleのことであれば学校ぽい。
Universal Music Publishing Groupなら北米の音楽出版社なのだけど。
両方の線でいきますかね。

では、日本で配信の権利をもっている著作権管理団体はあるのでしょうか。
前回のサウンドオブミュージックがJASRACが演奏・配信の権利を持っていると出たので、
今回も恐らく同様だと思われますので、JASRACで検索してみます。
f:id:HiroPiano:20200924155210j:plain
うん、やっぱりJASRACが権利を持っていますね。
f:id:HiroPiano:20200924155142j:plain
ASCAPはJASRACと契約もしていますし、大丈夫ですね。
f:id:HiroPiano:20200924155102j:plain

JASRACと海外の著作権管理団体絡みの情報は下記ページにあります。
www.jasrac.or.jp

ということで、前回のサウンド・オブ・ミュージックの文言を元に、
必要な部分だけ変え、英語タイトルである「I HAVE CONFIDENCE」で申し立てを行います。

「I HAVE CONFIDENCE」はJASRACが配信に関する権利を持っております。
<作品コード:0I0-9450-4>

JASRACYoutubeとの間で著作権管理に関する包括契約が結ばれています。
著作権の使用料がYoutube側からJASRACに支払われている為、
ユーザーがJASRAC管理楽曲を演奏した動画をYouTubeに投稿できます。
こちらの動画の演奏は私自身で行っており、演奏に関する著作権は私自身が所有しております。

今回の著作権者であるLatinAutor, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, LatinAutor - PeerMusicは、海外の著作権管理会社や音楽出版社です。
UMPIは検索上位に出てくるUniversity of Maine at Presque Isleのことであれば学校なので関係ないですし、
Universal Music Publishing Groupのことならば北米の音楽出版社です。
Concord Music Publishingは確かにサウンド・オブ・ミュージックのCD等を取り扱いしているようですが、私が自分で演奏したものを日本向けに配信しておりますし、当該楽曲は日本国内ではJASRACが配信権利を持っているため、ユーザー側は収益を得ながら問題なく配信出来るはずです。
(当チャンネルは現段階で収益化は出来ませんが。)

私はYouTubeのユーザーとしてルールに則り動画投稿を行っておりますので、
著作権侵害の申し立てを撤回して頂くよう、お願い申し上げます。

申し立ての流れは下記ページをご参照ください。
hiro-stpiano.hatenablog.jp
あとは返答が来るのを待ちます。

★「ピアノソロサウンドオブミュージック」シリーズの申し立て★
【検証終了】「サウンド・オブ・ミュージック」編 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
【検証中】朝の賛美歌〜ハレルヤ編 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
【検証中】「ひとりぼっちの羊飼い」編 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
【検証中】ドレミの歌 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
【早期終了/検証終了】エーデルワイス編【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹

★演奏解説★
hirobook.hatenablog.jp

【SonyATV超早期取り下げ】月光花編【著作権侵害の申し立て】

今回の著作権侵害の申し立ては、Janne Da Arc月光花です。
アニメのブラック・ジャックのオープニング曲だったこともあり、
サビの部分を聴くと「あー知ってる!」となるのではないでしょうか。

今回は公開予約の段階で著作権侵害の申し立てが出ました。
f:id:HiroPiano:20200924105158j:plain
どこが権利者なのか確認します。
f:id:HiroPiano:20200924103430j:plain
著作権者にでてくる中では手強いで有名なSony ATVさんきました!
でも国内楽曲だし、どこが著作権持ってるかちゃんと伝えれば、前回みたいに通るのでは!?
※参照:花は咲く編
hiro-stpiano.hatenablog.jp

JASRACで検索してみます。
f:id:HiroPiano:20200924103758j:plain
はい、出ました!
BLACK JACK MIXというのもあるんですね。
どちらも管理番号は一緒なので一番上の詳細で確認してみます。

f:id:HiroPiano:20200924104034j:plain
JASRAC管理案件です。
管理状況詳細も確認。
f:id:HiroPiano:20200924110330j:plain
うん、大丈夫ですね。
これなら花は咲く等と同じような文言で申し立てを行います。

今回の申請文言は以下の通りです。

月光花」はJASRACが配信に関する権利を持っております。
<作品コード:119-3764-5>

JASRACYoutubeとの間で著作権管理に関する包括契約が結ばれています。
著作権の使用料がYoutube側からJASRACに支払われている為、
ユーザーがJASRAC管理楽曲を演奏した動画をYouTubeに投稿できます。
こちらの動画の演奏は私自身で行っており、演奏に関する著作権は私自身が所有しております。

今回の著作権者であるSony ATV Publishingは、海外の著作権管理会社や音楽出版社です。
当楽曲は国内楽曲で、JASRACが配信権利を持っているため、ユーザー側は収益を得ながら問題なく配信出来るはずです。
(当チャンネルは現段階で収益化は出来ませんが。)

私はYouTubeのユーザーとしてルールに則り動画投稿を行っておりますので、
著作権侵害の申し立てを撤回して頂くよう、お願い申し上げます。

申請の流れは以下をご参照ください。
hiro-stpiano.hatenablog.jp

申し立てをした後は返答を待ちます。
今回もすんなり通りますように!
.
.
.
.
.
…と思っていたらですよ!
16:47にYouTubeからメールが来ていました。
連弾版の君をのせてが早期に取り下げしてもらえたのかな?
早いなぁ〜と思ってたら、まさかの月光花への取り下げ連絡でした。
え!え!?申し立てから取り下げの連絡までめっちゃ早くない!?
まだ公開予約段階だけど!?
(しかも「則り」が「乗っ取り」になってたのにw)

メール本文を載せていいのかわからないから受信日時とタイトルだけ載せますが、
f:id:HiroPiano:20200924173502j:plain
12:33に申し立てをして、
f:id:HiroPiano:20200924173651j:plain
16:47に取り下げ連絡。
4時間14分で返答。
Sony ATVさん仕事早すぎない?
こんな早く返答くれることなんてあるんですね。
早期取り下げって恐らく任意なんだよね?
取り下げしてもらえて有難いなぁ。
前回の花は咲くの申し立てで認めてくれたのかな?だったら嬉しいな。

…ということで、公開予約を設定して著作権侵害の申し立てが出たら速やかに申し立てを行うと、
動画が公開される頃には制限なしになることもあるよ!というお話でした。
勿論JASRACとNexToneのどちらが配信の権利をもっているのかを確認しておいて、
申し立ての文言のある程度の雛形を準備しておくと、
スムーズに申し立てできますので、動画投稿前からの事前準備も大事ですね。

いやぁ、今回はかなりの自信になりましたが、本当にSony ATVさんの仕事の早さと優しさに感動しました。
スピード感って大事ですね。

★演奏解説★
月光花【演奏解説シリーズ】 - ひろが語ると長くなる

YouTubeチャンネル★
www.youtube.com

【早期取り下げ/検証終了】君をのせて② その2【著作権侵害の申し立て】

これまでの流れはこちら。
hiro-stpiano.hatenablog.jp
今回は著作権侵害の申し立てが取り下げ(撤回)となりました。
しかも、YouTubeからメールがくる形、つまり早期取り下げです。
やったー!

他の曲での検証のように、著作権侵害の申し立ては異議申し立て拒否だったときはメールが来ますが
著作権者が拒否なども含め何もアクションを行わない場合は30日経過後に自然と制限が「なし」に変わります。
が、ご丁寧に著作権者が早期に撤回してくれる場合も、メールでお知らせが来るんですね。
メールは載せていいのかわからないので載せませんが、簡潔な文章だし、
メール本文が「Good news!」から始まってたので分かりやすかったけど、
楽しそうなノリに見えてしまって思わず笑ってしまいました。
早々に撤回してくれるとそれだけ収益化が早まると思うので、
ユーザーにとっては有難いですよね。
Muserk Rights ManagementとPEDLはいい企業・団体ですね♪(上機嫌)

8月25日に著作権侵害の申し立てを行っているので、20日程で取り下げしてくれたってことですね。
早い!
早期撤回すぎていつものYouTube Studioの制限欄に著作権侵害の申し立ての文言が入ってたスクショ撮るの忘れてたんですけど、
現在は下記画像の通り、無しになってます!
f:id:HiroPiano:20200915192048j:plain

Ventuno Tokyoで演奏した即興連弾バージョンは著作権者がMuserkのみだったので
こちらも早期取り下げしてくれる可能性が高いですね。
検証結果は当記事に追記しますね。

★結果★
30日間経過の自然取り下げでした!
f:id:HiroPiano:20201012085610j:plain

【SonyATV案件検証終了】花は咲く編 その2【著作権侵害の申し立て】

これまでの流れはこちらです。
hiro-stpiano.hatenablog.jp
今回は著作権侵害の申し立てが取り下げ(撤回)となりました。
旅立ちの日に」等同様、30日経過して自然と解除された形です。

ということで、
この画面が
f:id:HiroPiano:20200908190856j:plain
f:id:HiroPiano:20200908190956j:plain

こうなりました!
f:id:HiroPiano:20200911080926j:plain
f:id:HiroPiano:20200911080943j:plain

Sony ATVが手厳しいという噂を聞いていたのですんなりいかないかな?と思っていたら、
取り下げしてもらえました!!
ちゃんと文章読んでくれたのかな?良かった!
「花は咲く」もJASRACが管理している楽曲なので、YouTube側とは包括契約だから、
何か言われたら再審査請求するつもりではいたのだけど、
それでも再審査請求は心理的なハードルが上がるので、申し立てだけで取り下げてもらえるに越した事ないですよね。

こんな感じで結構びっくりする文言が出ます。
f:id:HiroPiano:20200911114306j:plain
名前は申し立て段階でも書くとはいえ、住所までとなるとかなりの負担…。
f:id:HiroPiano:20200911114448j:plain
勿論こちらの主張が正しければもう一度同じことを主張することにはなりますが、
自信が持てないと再審査請求は諦めてしまう人が多いと思います。
なるべくなら、申し立てが通るのが楽ですのでその方法を模索するのが大事です。

再審査請求画面のキャプチャーをとった春よ来いは先方とのやりとりが終わっていないためまだ再審査請求していませんが、
他の案件で棄却された場合は再審査請求にも挑戦してみたいです。

初めての著作権者は「取り下げてもらえるかな?」と不安になることもありますが、
クリアしていけるようになると、自信がつきます。
文言もある程度は使い回すこともできます。
(それでも毎回どこが著作権を持っているのか、著作権者がJASRACと契約しているのか、何の会社なのかを調べる必要はありますが。)
今後どうなっていくかわかりませんが、どう変わっていっても申し立てをしながら学んでいくことには変わりないので、これからも著作権侵害の申し立てをどんどん行っていきたいと思います。

【検証終了】「サウンド・オブ・ミュージック」編 その1【著作権侵害の申し立て】

現在「ピアノソロ サウンド・オブ・ミュージック」の楽譜を丸ごと一冊演奏することに挑戦しています。
毎週月曜の20時に動画あげておりますので良かったら観てください!
www.youtube.com

動画をあげた際、著作権侵害の申し立てが出たので、検証も同時に行なっていきます。
前にもチラッとお話ししましたが、公開予約の段階でも著作権侵害の申し立ての文言はでます。
f:id:HiroPiano:20200904183353j:plain
なので予め申し立てを行なっておけば、焦らず済みますね。
(9月11日追記:今日やってみたら公開になるまで著作権侵害の申し立て出ないようになってました。
 偶々なのか、仕様が変わったのか…。)

今回の著作権者はこちら。
f:id:HiroPiano:20200904183557j:plain
LatinAutor, Concord Music Publishing, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, LatinAutor - PeerMusic
でした。

この記事でも書きましたが、
hiro-stpiano.hatenablog.jp
LatinAutorとUBEMは海外の著作権団体のようですね。

Concord Music Publishingだけ初めて見かけました。
英語版ウィキペディアに情報があります。
en.m.wikipedia.org

自動翻訳で出た情報だと

Concord Music Groupは、カリフォルニア州ビバリーヒルズに拠点を置く独立系の音楽会社で、Universal Music Groupを通じて世界中(米国を含む)に配信しています。[1] [2]同社はレコーディング(コンコードレコード、ファンタジーレコード、ラウンダーレコード、テラアークレコード、ロマビスタレコーディング)と音楽出版を専門としています。

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Concord_Music

サウンドオブミュージックのCDも出しているところなんですね。
でも、日本向けの動画だし、日本ではサウンド・オブ・ミュージックはどこが権利を持っているのかがわかればクリアできる問題かもしれませんよね。
JASRACで見ていきます。
f:id:HiroPiano:20200903202210j:plain
どれだ!
どれも違う!?
日本語検索だとそれっぽいのが出てこない。
なので作品タイトルに「Sound」と、著作権に「RODGERS RICHARD」と入れて再検索してみます。

出た!
f:id:HiroPiano:20200904185613j:plain
しかし、どれだ!(2度目)
映画のタイトルからして上から3番目かな?
f:id:HiroPiano:20200904185733j:plain
うん、JASRAC管理案件!
f:id:HiroPiano:20200903202036j:plain
歌詞に至ってはP.D.*1なんですね。
念のため他の作品コードのも見てみたけど、同じ内容だったからまぁ大丈夫そう。

ということで、今回の文言は、こちら

サウンド・オブ・ミュージック」はJASRACが配信に関する権利を持っております。
<作品コード:0S0-3147-7>

JASRACYoutubeとの間で著作権管理に関する包括契約が結ばれています。
著作権の使用料がYoutube側からJASRACに支払われている為、
ユーザーがJASRAC管理楽曲を演奏した動画をYouTubeに投稿できます。
こちらの動画の演奏は私自身で行っており、演奏に関する著作権は私自身が所有しております。

今回の著作権者であるLatinAutor, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, LatinAutor - PeerMusicは、海外の著作権管理会社や音楽出版社です。
Concord Music Publishingは確かにサウンド・オブ・ミュージックのCD等を取り扱いしているようですが、私は自分で演奏したものを日本向けに配信しておりますし、当該楽曲は日本国内ではJASRACが配信権利を持っているため、ユーザー側は収益を得ながら問題なく配信出来るはずです。
(当チャンネルは現段階で収益化は出来ませんが。)

私はYouTubeのユーザーとしてルールに則り動画投稿を行っておりますので、
著作権侵害の申し立てを撤回して頂くよう、お願い申し上げます。

申し立ての流れは下記ページをご参照ください。
hiro-stpiano.hatenablog.jp
あとは返答が来るのを待ちます。

★結果★
hiro-stpiano.hatenablog.jp

★「ピアノソロサウンドオブミュージック」シリーズの申し立て★
【検証中】「自信をもって」編 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
【検証中】朝の賛美歌〜ハレルヤ編 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
【検証中】「ひとりぼっちの羊飼い」編 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
【検証中】ドレミの歌 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
【早期終了/検証終了】エーデルワイス編【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹

★演奏解説★
サウンド・オブ・ミュージック【ピアノソロサウンド・オブ・ミュージックシリーズ】 - ひろが語ると長くなる

*1:パブリックドメイン(public domain)とは、著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことをいう。: パブリックドメイン - Wikipediaより引用

【検証終了】君をのせて① その2【著作権侵害の申し立て】

これまでの流れはこちらです。
hiro-stpiano.hatenablog.jp
今回は著作権侵害の申し立てが取り下げ(撤回)となりました。
旅立ちの日に」等同様、30日経過して自然と解除された形です。
(なのでメール連絡は来ませんでした。「そういえば」とYouTube Studioを見て思い出すことも多いです。)

YouTube Studioでは、この画面が
f:id:HiroPiano:20200906165328j:plain
こうなりました!
f:id:HiroPiano:20200906165348j:plain
JASRAC管理案件なのもあり、すんなりいきました。
こうやってJASRACと契約のある外国団体が1つだけ著作権者の欄にいるときは、
「あ、これなら取り下げしてもらえそう!」と臆することなく申し立てできるようになりました。
あんなに最初は騒いでたのに、随分慣れてきたもんだ。
文言はある程度使い回しは出来るので、一度取り下げしてもらえると、申し立て自体が楽になってくるように思います。

ミューザでの演奏は別の著作権者だったので、別で検証を行なっています。
hiro-stpiano.hatenablog.jp
こちらはどういう結果が出るんでしょうか。

ジブリは他の曲も毎回著作権者変わるのかな?
ガラッと変わってしまうと、調べる手間も出てくるし、焦ってしまいますよね。
何れ他の曲の演奏もチャレンジし、検証してみたいなと思っています。