ピアノの樹

ピアノ、ストピ好きがYouTubeに来る著作権侵害の申し立てに関して知識ゼロベースから検証していくブログです。

【早期終了/検証終了】エーデルワイス編【著作権侵害の申し立て】

現在「ピアノソロ サウンド・オブ・ミュージック」シリーズとして
毎週月曜の20時に演奏動画をあげております。
www.youtube.com
10曲目である「エーデルワイス」も著作権侵害の申し立てが出たので検証していきます。

今回の著作権者は
f:id:HiroPiano:20201109220658j:plain
AdShare (Publishing), Songtrust
の2社。
今まで出てきたことのない著作権者なので検索してみます。

Songtrustはpublishingの単語が出てくるので音楽出版社のようですね。
AdShareは

当社は視聴者の拡大、デジタル著作権管理およびコンテンツID APIYouTubeの認証を持っている唯一の企業の一つです。

[ https://adshare.tv/?lang=ja ]

とのこと。コンテンツIDとかそういう単語が出てくると「おや?」って思うけど、
サウンドオブミュージックに使われている他の楽曲がJASRAC管理案件なので、エーデルワイスも恐らくそうなわけで、
JASRAC管理案件ならYouTube包括契約だから問題なく著作権侵害の取り下げてもらえるはずです。

JASRACで検索して確認します。
f:id:HiroPiano:20201109220730j:plain
今回は作品番号が1つしかありませんでした。
f:id:HiroPiano:20201109220749j:plain
うん、演奏も配信も○ですね。
f:id:HiroPiano:20201109220812j:plain
特記事項もないので大丈夫。

ということで、当該楽曲もJASRAC管理案件なのが確認できました。
今回の申請文言はこちら。

「Edelweiss」はJASRACが配信に関する権利を持っております。
<作品コード:0E0-0460-8>

JASRACYoutubeとの間で著作権管理に関する包括契約が結ばれています。
著作権の使用料がYoutube側からJASRACに支払われている為、
ユーザーがJASRAC管理楽曲を演奏した動画をYouTubeに投稿できます。
こちらの動画の演奏は私自身で行っており、演奏に関する著作権は私自身が所有しております。

今回の権利者であるAdShare (Publishing)とSongtrustは海外の著作権管理や音楽出版社です。
当該楽曲はJASRACが配信権利を持っているため、ユーザー側は収益を得ながら問題なく配信出来るはずです。
(当チャンネルは現段階で収益化は出来ませんが。)

私はYouTubeのユーザーとしてルールに則り動画投稿を行っておりますので、
著作権侵害の申し立てを撤回して頂くよう、お願い申し上げます。

申し立ての流れは下記ページをご参照ください。
hiro-stpiano.hatenablog.jp
あとは返答が来るのを待ちます。

…なんて曲のアップロードやら何やらでわちゃわちゃしていたら今回は2日ちょっとで早期取り下げきました。
(6日に公開予約しました)
f:id:HiroPiano:20201109221008j:plain
すんなりいってよかった〜。

★「ピアノソロサウンドオブミュージック」シリーズの申し立て★
【検証終了】「サウンド・オブ・ミュージック」編 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
【検証中】朝の賛美歌〜ハレルヤ編 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
【検証中】「自信をもって」編 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
【検証中】「ひとりぼっちの羊飼い」編 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹
【検証中】ドレミの歌 その1【著作権侵害の申し立て】 - ピアノの樹


★演奏解説★
エーデルワイス【ピアノソロサウンドオブミュージック】 - ひろが語ると長くなる