ピアノの樹

YouTubeに来る著作権侵害の申し立てを行った記録を残しているブログです。

【再審査請求取下げ】自信をもって その2【著作権侵害の申し立て】

これまでの流れはこちらからどうぞ。
hiro-stpiano.hatenablog.jp
実は「自信をもって」は著作権侵害の申し立てが異議申し立て拒否となっておりました。
JASRAC案件だし、サウンドオブミュージックの他の曲は取下げだったのでビックリしました。
でも再審査請求に挑戦する機会ができたと前向きに捉え、色々落ち着いた段階で再審査請求を行うこととしました。
再審査請求だけど、私も「自信をもって」挑みました!
(自信をもってが初の再審査請求に関わるの、ある意味もってるよね、私←)

※再審査請求は2020年12月22日に行いました。

再審査請求もYouTubeStudioから行っていきます。
f:id:HiroPiano:20201222125733j:plain
申し立て拒否された場合はこんな感じで表示されています。
はてなマークを押すと詳しく説明が出てきます。

操作を選択を押すと、「再審査請求」が出てきますので、押します。
f:id:HiroPiano:20201222125901j:plain
するとこういった文言が出てきます。
f:id:HiroPiano:20201009163048j:plain
いやーこういうの出てくるとドキドキしちゃいますよね。
「やめとこうかな…。」って思う文言だらけ。
でも再審査請求しちゃいます〜!
何故なら「YouTubeJASRAC包括契約を結んでおり、当該楽曲はJASRACが配信を管理している」という流れで今まで通ってきていて、
既に書きましたが、サウンドオブミュージックの楽曲で著作権侵害の申し立てが出たものはもれなく取下げされていて、
同じ条件下のはずなのだから再審査請求すれば取下げてもらえるのでは?と思ったので。
それに説明読んでると著作権侵害の警告を受けてもまだ異議申し立て通知送信できなくはないんだなぁって。

下まで説明を読み終えたら、ボックスにレ点を入れ、次へを押します
f:id:HiroPiano:20201009163435j:plain
こういう個人情報を入力しなきゃいけないところも再審査請求のハードルが上がるところですね。
f:id:HiroPiano:20201009163605j:plain
入力したら次へ。
f:id:HiroPiano:20201222133249j:plain
理由を入力いたら、レ点を入れていきます。
(文言は下に載せてあります)
f:id:HiroPiano:20201222133427j:plain
うん、こういう文言あると再審査請求やめとこーって更になるよね。
イタズラ目的を避けるため?でもイタズラ目的で再審査請求する人なんて多分いないのにね。
ただでさえ個人でのチャンネル運営者って弱い立場なのになぁ。
f:id:HiroPiano:20201222133525j:plain
署名欄に入力して、次へを押します。
f:id:HiroPiano:20201222133724j:plain
閉じるとこういう風に画面が変わります。
f:id:HiroPiano:20201222133744j:plain

今回の文言は、著作権侵害の申し立てを行った際の文の前に「著作権侵害の申し立ての際にも申しましたが」を付け加え、考慮事項に「この動画をどこでどのように制作したかについて、状況を説明してください。」とあったので少しだけ説明を書き加え、
最後の文言を「再度お願い申し上げます」に変えただけで、新たに文言を考えたわけではございません。

著作権侵害の申し立ての際にも申しましたが、
「I HAVE CONFIDENCE」はJASRACが配信に関する権利を持っております。
<作品コード:0I0-9450-4>

JASRACYoutubeとの間で著作権管理に関する包括契約が結ばれています。
著作権の使用料がYoutube側からJASRACに支払われている為、
ユーザーがJASRAC管理楽曲を演奏した動画をYouTubeに投稿できます。
こちらの動画の演奏は私自身で行っており、演奏に関する著作権は私自身が所有しております。

今回の著作権者であるLatinAutorPerf, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, LatinAutor - PeerMusicは、海外の著作権管理会社や音楽出版社です。
UMPIは検索上位に出てくるUniversity of Maine at Presque Isleのことであれば学校なので関係ないですし、
Universal Music Publishing Groupのことならば北米の音楽出版社です。
Concord Music Publishingは確かにサウンド・オブ・ミュージックのCD等を取り扱いしているようですが、私が自分で演奏したものを日本向けに配信しておりますし、
当該楽曲は日本国内ではJASRACが配信権利を持っているため、ユーザー側は収益を得ながら問題なく配信出来るはずです。
(当チャンネルは現段階で収益化は出来ませんが。)

私はYouTubeのユーザーとしてルールに則り動画投稿を行っておりますので、
著作権侵害の申し立てを撤回して頂くよう、再度お願い申し上げます。

さぁ、どういう結果となるでしょうか。
結果が出るのを待ちます。



★結果★
取下げてもらえました!
早期連絡はなく、30日経過の自然解除でした。
この画面が
f:id:HiroPiano:20210122103938j:plain
こうなりました。
f:id:HiroPiano:20210121161946j:plain
殆ど文言を変えずに入力したということもあって、結局何が原因で著作権侵害の申し立てが棄却されたのは分からずじまいでしたが、
再審査請求が通って良かったです。
これからも、著作権侵害の申し立ての記録を載せていきます。

※私が申し立てを行った時の記録のため、同じような条件でも違った結果が出ることもあり得ますことを、ご了承ください。