ピアノの樹

ピアノ、ストピ好きがYouTubeに来る著作権侵害の申し立てに関して知識ゼロベースから検証していくブログです。

【検証中】朝の賛美歌〜ハレルヤ編 その1【著作権侵害の申し立て】

現在「ピアノソロ サウンド・オブ・ミュージック」の楽譜を丸ごと一冊演奏することに挑戦しています。
毎週月曜の20時に動画あげており、もう今日で6曲目となりましたが、
随分前にあげた動画(2曲目)が、アップ当時には出てなかった著作権侵害の申し立てが出ていることに今更気が付いたので、申し立てを行っていきます。
当時ちょっとYouTube Studioの調子がおかしかったからかもしれないけど、
後で申し立て来ることもあるのですね。
こまめに確認しておくのは大事ですね。

今回の著作権者はこちら。
f:id:HiroPiano:20201012191120j:plain
LatinAutor, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, LatinAutor - PeerMusic, Concord Music Publishing
でした。
サウンドオブミュージックの時と同じですね。

サウンドオブミュージックの記事でも書きましたが、
hiro-stpiano.hatenablog.jp
LatinAutorとUBEMは海外の著作権団体、
Concord Music Publishingは音楽出版社のようですね、

日本で権利を持っているところがどこか、JASRACで見ていきます。
今回は4曲分羅列されているので,それぞれ検索します。
f:id:HiroPiano:20201012193657j:plain
(ここの画面まで進んで、3曲だと思っていたのにもう1曲あることに気がつき、慌てて確認しました。)

1曲目の「Preludium」
f:id:HiroPiano:20201012192020j:plain
作品コード3つ出てきましたが、上の2つは詳細を押すと違うタイトルの曲が出てきたので、一番下の作品コードで確認します。
f:id:HiroPiano:20201012192040j:plain
演奏、配信共に◯です。
f:id:HiroPiano:20201012192107j:plain
特記事項も特にありません。
2曲目の「DIXIT DOMINUS」
f:id:HiroPiano:20201012191212j:plain
これは作品コードが1つですね。
f:id:HiroPiano:20201012191300j:plain
演奏、配信共に◯です。
f:id:HiroPiano:20201012191341j:plain
特記事項も特にありません。
3曲目の「MORNING HYMN」
f:id:HiroPiano:20201012191429j:plain
こちらも作品コードが1つだけです。
f:id:HiroPiano:20201012191524j:plain
演奏、配信共に◯です。
f:id:HiroPiano:20201012191558j:plain
特記事項も特にありません。
4曲目の「ALLELUIA」
f:id:HiroPiano:20201012193754j:plain
赤線の作品コードの詳細を確認します。
f:id:HiroPiano:20201012193825j:plain
演奏、配信共に◯です。
f:id:HiroPiano:20201012193853j:plain
特記事項も特にありません。

ということで、4曲ともJASRACが配信権利を持っているのが確認できました。
今回の文言は、こちら。
>>「Preludium」と「DIXIT DOMINUS」と「MORNING HYMN」と「ALLELUIA」はJASRACが配信に関する権利を持っております。
<作品コード:0P0-1688-3,0D2-1985-6,0M0-4422-3,0A0-3992-0>

JASRACYoutubeとの間で著作権管理に関する包括契約が結ばれています。
著作権の使用料がYoutube側からJASRACに支払われている為、
ユーザーがJASRAC管理楽曲を演奏した動画をYouTubeに投稿できます。
こちらの動画の演奏は私自身で行っており、演奏に関する著作権は私自身が所有しております。

今回の著作権者であるLatinAutor, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, LatinAutor - PeerMusicは、海外の著作権管理会社や音楽出版社です。
Concord Music Publishingは確かにサウンド・オブ・ミュージックのCD等を取り扱いしているようですが、私は自分で演奏したものを日本向けに配信しておりますし、当該楽曲は日本国内ではJASRACが配信権利を持っているため、ユーザー側は収益を得ながら問題なく配信出来るはずです。
(当チャンネルは現段階で収益化は出来ませんが。)

私はYouTubeのユーザーとしてルールに則り動画投稿を行っておりますので、
著作権侵害の申し立てを撤回して頂くよう、お願い申し上げます。